私のアイスランド歴
-1992年夏-

地理の授業がつまらなくて、世界地図をぼーっと眺めていたときにアイスランドを「発見」。
どんな国なんだろう? とワクワクしてしまいました。


-1995年9月-

その年の夏、大失恋したのがキッカケで、何かに取り憑かれたかのように
航空券を買ってしまい、気がついたら後戻りできなくなっていました。

約2週間、初めての一人旅。
国内をバスで1周して大自然にたっぷり囲まれた経験は、その後の人生に
大きなインパクトを与えています。

現地に友人もできて、旅行しただけでは分からないアイスランド事情も教えてもらいました。
彼女とは今でも連絡を取り合っています。


-1998年2月-

卒業旅行で友人2人を引き連れて3週間滞在。

大寒波がきて-15℃の世界を体験したり、-8℃で屋外プールに入ったり…
とにかく寒かったー!

初めてオーロラを見ました。 小さな小さな緑の光でした。


-2002年11月-

新婚旅行にて。 ハワイとかパリとかじゃなくてアイスランド。
ダンナ様、よくぞお付き合いくださいました。

東部をレンタカーでドライブして氷河湖を見に行ったり、 ポニーに乗ったり。
オーロラもたくさん見ました。


-----

かれこれ10年ほどのアイスランドファン。
子供がもう少し大きくなったら、夏休みにでも、寝袋抱えて行ってみたいなぁ。
[PR]
by mustikka | 2005-09-28 16:17 | アイスランド
<< 帰国報告 私のフィンランド歴 >>