乗り物好きな子供には…
e0078382_13374880.jpg片道10時間のフライトをどうやって乗り切るか? これは旅行が決まった時から悩みの種でしたが、あるアイディアが浮かびました。「子連れ海外個人手配」にあった「飛行機の中でおりこうにしてもらうためのテクニック」を読んで、ちょっと試してみようと思ったのです。

デジタルビデオカメラを片手に、向かったのは近くの線路。電車が来たら、すかさず撮影。1回10秒くらいで終わってしまうので、何回も撮らないとテープがいっぱいになりません(汗)

息子に見せてみたら大喜び。次々に現れる電車に「あっ、ガタンゴトン!」と叫んで大興奮。映像が終わってしまうと大泣きして「もーいっかーい!」 …効果バツグンでした。

車やバスなどいろいろ試してみたのですが、息子は電車でないと怒る始末。というわけで、出発まで時間を見つけてはせっせと線路に足を運び、都内のターミナル駅へ行くとなれば必ずビデオを持参し、コツコツと撮影。周りの人は「この女性は電車マニアか?」なんて思っていたんだろうなぁ…。努力の甲斐あって、何とか30分くらいの長さになりました。本当は60分テープを全部埋めてみたかった(笑)

e0078382_13421260.jpgいざ出発となり、機内で一通りの遊びに飽きた頃、ビデオを見せましたが、食い入るように見てくれました! 「持ち物」の記事に書いた「おえかきボード」も大活躍。帰りのフライトは夜間で、息子はほとんど寝ていてくれたので、これらの秘策は出番がありませんでした(^_^)
[PR]
by mustikka | 2005-11-07 13:44 | 子連れヘルシンキ
<< 2002年11月 新婚旅行(その1) フライト >>