子連れソウル(2) 貴重な体験
e0078382_2154114.jpg行ってまいりました!
と言ってももう1ヶ月前(汗)
相変わらず怠け者の私…

写真は義妹と息子です。私は撮るのは好きだけど撮られるのは苦手。笑顔が引きつっちゃうんです(^_^;) だから旅行中もカメラマンに徹していました。彼女は仕事が忙しくてなかなか帰省のタイミングが合わず、会えるのは年に1度くらい。息子は最初の数分こそモジモジしていたものの、すぐに打ち解けて最後にはベッタリでした。このときもずーっと抱っこしてもらってご満悦。

この旅行で実感したのは、韓国の人って子供に優しい!

乗り物やレストランなどで隣りになると、大抵の人はニコニコして話しかけてきたり、中には「握手~」なんて言って息子の手を握る人も。食事や休憩でお店に入るたび、お菓子やらアイスやらのおまけをたくさんいただきました。事前に息子と、「こんにちは」「ありがとう」「さようなら」の韓国語をおさらいしておいたので、事あるごとに言わせるようにしたら、とても喜んでもらえました。

旅行の間このような出来事がたくさんあったので、日本ではまず断られるけど、もしかしたら子連れでも受け入れてもらえるかもしれない、と義妹と相談して行ってみたのが…

マッサージ♪

ガイドブックには載っていなくて現地で見つけたお店なのですが、これが大当たり!
聞けばこれまで何度も子連れ組を受け入れているとのこと。大人がマッサージを受けている間、手の空いているスタッフが遊んで相手してくれるというのです。お菓子やTVなども備えてありました。雰囲気としては日本の整体院を少し上品にした感じでしょうか。スタッフは全員女性で、たまたま空いていたのもあるかもしれませんが、とても歓迎してくださいました。

結局は息子が私から離れたがらなかったのですが、足裏マッサージ希望だったので、私が仰向けになった上に息子を乗せてマッサージ開始。幸いすぐに寝てくれたので、騒いで冷汗をかくこともなく、重かったけど(^ _^;)とってもリラックスして受けることができました! 義妹は私の隣で全身マッサージを受け、とても気持ち良さそうでした。

たまたまこのお店だけだったのか、大抵のお店でOKなのかは分からないので、もし子連れでマッサージに行ってみようと思われた方がいらしたら、必ずお目当てのお店に相談されることをお奨めします。お店の反応から難しそうであれば他を探したほうがいいでしょう。私たちがお世話になったお店を知りたい方がいらしたら、非公開コメントでメッセージを残していただければお知らせできると思います。場所は明洞です。

日本では、子連れで外出となると肩身の狭い思いをすることが多いのですが、韓国滞在中はのびのびと過ごすことができました。もちろん子供が迷惑をかけないよう最低限の配慮はしたつもりです。残念なのはエスカレーターなどの設備があまり整っていなかったこと。日本と同程度だなぁという印象を受けました。
[PR]
by mustikka | 2006-09-09 21:56 | 番外編
<< 子連れソウル(3) 食べ物 子連れソウル(1) >>