タグ:写真 ( 4 ) タグの人気記事
Postikortti
(ええと…フィンランド語で「ポストカード」って…これでいいの…だと…思います…)

一家で子連れヘルシンキ旅行を果たしてから、あっという間に1年経ってしまいました。
未だに旅行記すらロクに書けてないのはおいといて(そもそも書く気があるのかどうか?)
ちょっと思い出に浸ってみます。

この旅行で撮った写真は300枚ほど。
名所を背景に家族で並んでニッコリ、という記念写真はほとんどなくて
気になったショウウィンドウのディスプレイとか、お店の看板や建物の外装、
レストランの料理、街行く人々などなど… 何気ない風景ばかり撮ってありました。

ふと思いついて、ダンナのネットショップでプレゼント用のメッセージカードを希望された
お客様に手作りでカードを添えるために、これらの写真を使うことにしました。

手作りなら希望通りのメッセージを自由に入れられるし、
オリジナルの写真を使えば著作権が問題になることはないし。

ところが、たくさん撮ったつもりでも
いざ使えるものはというと、ほんの2~3枚でした(泣)

一番のお気に入りは、帰国報告にも載せた下の写真なのですが
これじゃ「おめでとう!」とかのイメージじゃないので使えない…
e0078382_15512350.jpg


なので、今のところメッセージカードとして成り立ちそうなのは、この子たちだけなのです(^_^;)
e0078382_15532450.jpg
e0078382_15533195.jpg

自転車のほう、「Piiroinen」とあるのはきっと表札なのですよね(汗)
スミマセン、玄関先の風景をちょいと拝借してしまいましたっ。

ああ、もっと使えそうな写真を撮っておくんだった!
撮り直すためだけに、今すぐにでもフィンランドとアイスランドに飛び立ちたいです(ToT)
[PR]
by mustikka | 2006-11-17 15:56 | フィンランド
1995年9月 初上陸(その1)
人生初の一人旅。ずっと来てみたかったアイスランド。

2週間弱でしたが、じっくりと自分と向き合い、今までの自分を見つめ直すことができ
自分の幼さ・未熟さ・依存心の強さに気づかされた旅でした。
この旅を経て、やっと大人になるための第一歩を踏み出せたのではないかと思います。

そんな転機となった旅の思い出を掘り起こしてみました。
安カメラで記録したネガを、デジタルデータにしてもらったのです。

当時は構図なんて意識して撮っていなかったし、もともとの画質も良くないうえに
スキャンの精度も優れているわけではないので、本当に平凡な写真なのですが
いい具合に懐かしい空気を醸し出しているように見えるのは私だけ…? ですよね(^_^;)

ともあれ、ウブな(?)女の子が出会った1995年のアイスランド、写真展の始まりでーす。

e0078382_17524943.jpg

ケプラヴィーク国際空港に到着し、首都レイキャヴィクに向かう観光客を出迎えるのは
こんな荒々しい大地。市街地以外はこの景色がずーっと続くのです。

e0078382_1755153.jpg

レイキャヴィクは首都と言っても人口は10万人程度。国土全体でもやっと30万人です。
日本、特に東京とは全く異なり、ゆったりとした時間が流れています。
市民の憩いの場、チョルトニン湖にて。

e0078382_1832891.jpg

アイスランドもキリスト教圏。北欧では福音ルーテル派に属している人が大多数のようです。
どの教会もモダンで個性的なデザインのものが多く、伝統的な(西ヨーロッパで見るような)
教会はあまり見かけませんでした。私はクリスチャンではないですが、敷居が低く感じられ
つい中に入ってみたくなってしまいました。

e0078382_18412668.jpg

アイスランドには鉄道がなく、国内を回るには飛行機か長距離バスが主な交通手段です。
未舗装の道路も多いので、長距離バスに揺られているとあまり穏やかではない乗り心地の
時もよくあります。泥水が窓にはねて外が見えなくなることもあり、ワイルド感いっぱい。
眼前に広がるのはゴツゴツした岩の大地。時折数軒の民家が並んでいたり、放し飼いの
羊・牛・馬などが草を食んでいるのを見かける以外は、ひたすら大地を走る旅。
このバスは特に観光専用というわけではないのですが、名所などがあると10~20分ほど
停車して、写真を撮ったり休憩所でお土産や食料を買う時間を取ってくれます。
アイスランドにはヨーロッパ(特にドイツ)から来るバックパッカーも多く、長い時間一緒に
バスに揺られているうちに交流が生まれることもよくありました。文化の違う人々と
つたない英語でいろいろな話をするのも、自分を見つめ直すいい機会となりました。

e0078382_18574097.jpg

南東部にあるスカフタフェットル国立公園。アイスランドの自然を存分に味わえる場所です。
ほとんど人がいないので独りで何時間も歩き続けることが多く、ここで足を滑らせて
川に落ちてもしばらく発見されないんだろうな… なんて奇妙なことを考えながらも
日頃の雑念は消え、ひたすら自分と向き合って過ごした時間でした。

一度に披露してしまうとネタが続かなくなるので(^_^;) 続きは次回とします。
[PR]
by mustikka | 2006-06-10 19:09 | アイスランド
遅まきながら…
e0078382_2319432.jpg
2006年になってもう幾日経っていることか(汗)

せめて1ヶ月に最低1度は更新しよう、というレベルにまで落ちてしまった mustikka ですが
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

持ちネタは少ないですが、無い訳ではなくて
10月のフィンランド旅行のことだってちゃんと書いていないし、アイスランドについても
いろいろと載せたいのですが… ひとえに私が怠惰なのでした。
せっかく立ち上げた blog なので、細々とでも続けていけたらと思います。

今日はネタらしいネタはないのですが
デジタル一眼を持っているくせに、コンパクトデジカメを買い換えてしまい
せっかくなのでいろいろ撮ってみました。
私の祖母が作った雪だるま(?)をパチリ。
息子は「ゆきまるさん、コワくないよ」と言いながらも、あまり近づこうとしませんでした(笑)

首都圏では今回の雪がこの冬初めての本格的なものでしたが
関東以外では寒波が本当にひどくて、12月から大雪のニュースばかり。
3m 以上積もっている所もあり、各地で被害に遭った方がたくさんいらして胸が痛みます。

大寒波は日本だけではないそうですね。
春が待ち遠しいです。
[PR]
by mustikka | 2006-01-22 23:20 | myself
帰国報告
e0078382_2144589.jpg

とっくに帰国していたのですが、ヘルシンキの思い出に浸りながらぼーっと過ごしていたら、もう10月最終日。せめて月が変わらないうちに、第一報だけでも載せようと思いました。

写真は Bulevardi を歩いていて見つけた秘密の花園みたいな公園?で撮った1枚。この旅で写した中で、いちばんのお気に入りかもしれません。この時はかろうじて「秋」でしたが、何日か前、ヘルシンキで初雪が降ったとのこと。サマータイムも終わり、「冬」が到来したのですね。

ヘルシンキでの日々。恋焦がれた旅行でしたので、とても幸せでした。子連れは確かに大変でしたが、それゆえ経験できたこともあったので、「子連れ海外旅行」で少しずつ紹介したいと思います。

追記:次回いつ海外へ行けるか分からないのでカテゴリを「子連れヘルシンキ」にしました。
[PR]
by mustikka | 2005-10-31 21:46 | フィンランド