タグ:自己紹介 ( 5 ) タグの人気記事
小さな城
e0078382_16453020.jpg自宅近くに事務所を借りました!

と言っても事務所物件ではなくマンションなのですが、今までは自宅の1部屋が倉庫、LDK の半分が仕事場と化して、人間らしい生活が営めなかったので、やっと家庭生活と仕事が区別でき、息子が思い切り遊べるスペースを作ってやれるので嬉しくて仕方ありません。
インテリアも全然満足できていなかったので、これを機に充実させたい!

ダンナとしては「自分の城」を持てて、より仕事のモチベーションが上がることでしょう。
起業して2年、ネットショップを立ち上げて1年半、やっとここまで来られたか、という感じです。
私は仕事環境が雑然としていると全然やる気が出ないタイプなので、事務所ができてやっと本気になれそうです(笑)

事務所は北欧テイストでバッチリきめたいところでしたが、IKEA で少し買ったくらいで、予算が少なくて節約しまくり、最低限のものしか揃っていません。まだ家具の設置も終わってないし、絨毯の折りじわもクッキリで、載せるまでもない見苦しい写真でスミマセン…

今は引越に精を出していて、お盆明けの本格始動を目指しています。
さいたま市にいらっしゃる機会がありましたら、ぜひぜひお立ち寄りくださいませ。
arabia の食器でおもてなしさせていただきます♪

(7月に1度も記事を書けなかったので、例によって日付をごまかしちゃいました。)
[PR]
by mustikka | 2006-07-31 17:15 | しごと
夢に向かって
(5月も1度も更新できなかったので日付をごまかしちゃいました…)

e0078382_15475043.jpgblog を通じて知り合った皆さんは北欧の言語を勉強して使いこなしていたり、現地で生活していてその国の事情に精通していたりと、北欧との関わりがとても深い方たちばかり。

私はと言えば、北欧大好き! のはずが、ダンナにお株を奪われ、いつの間にかダンナのほうが詳しくなっている有様。
なんだか悔しい。最初は興味なかったくせにぃ。私の趣味だったんだぞ~!

ダンナの「事業」というのは、実はネットショップで北欧雑貨を販売しているのです。
最初はどうなることかと思いましたが、おかげさまで少~しずつ軌道に乗ってきました。
北欧に関わりたいという夢が思いがけず叶うこととなり、いろいろあったけどダンナの決断には感謝しています。

でもでも。
人のアイディアに乗っかっているだけでは、やっぱり物足りない。
いずれは私独自の視点で何か始めてみたいな。(おっと~、大きく出ちゃいましたよ!)

そうは思うものの、実際は気ばかり焦ってて何もできていないのが情けない(ToT)
日々の子育てやら雑事やらで(←言い訳ですね)北欧事情に詳しくなるどころか、blog の更新すらままならず。


この状態をなんとか打破しなければ!


そこで、語学から始めようと思います。時間を見つけてコツコツやればできるはず。
フィンランド語とアイスランド語を話せるようになるのが目標!
アイスランド語はハードルが高いので(←もう弱気)、まずはフィンランド語の単語を覚えようと単語帳を作ってみました。

半年後にはどうなっているでしょう…?
やっぱり三日坊主だったか(-_-;) というオチだけは避けたいです。
[PR]
by mustikka | 2006-05-31 15:45 | myself
私のアイスランド歴
-1992年夏-

地理の授業がつまらなくて、世界地図をぼーっと眺めていたときにアイスランドを「発見」。
どんな国なんだろう? とワクワクしてしまいました。


-1995年9月-

その年の夏、大失恋したのがキッカケで、何かに取り憑かれたかのように
航空券を買ってしまい、気がついたら後戻りできなくなっていました。

約2週間、初めての一人旅。
国内をバスで1周して大自然にたっぷり囲まれた経験は、その後の人生に
大きなインパクトを与えています。

現地に友人もできて、旅行しただけでは分からないアイスランド事情も教えてもらいました。
彼女とは今でも連絡を取り合っています。


-1998年2月-

卒業旅行で友人2人を引き連れて3週間滞在。

大寒波がきて-15℃の世界を体験したり、-8℃で屋外プールに入ったり…
とにかく寒かったー!

初めてオーロラを見ました。 小さな小さな緑の光でした。


-2002年11月-

新婚旅行にて。 ハワイとかパリとかじゃなくてアイスランド。
ダンナ様、よくぞお付き合いくださいました。

東部をレンタカーでドライブして氷河湖を見に行ったり、 ポニーに乗ったり。
オーロラもたくさん見ました。


-----

かれこれ10年ほどのアイスランドファン。
子供がもう少し大きくなったら、夏休みにでも、寝袋抱えて行ってみたいなぁ。
[PR]
by mustikka | 2005-09-28 16:17 | アイスランド
私のフィンランド歴
-2000年夏-

北欧インテリアショップ「イルムス」で何気なく手に取った食器。
その時はあまり意識しなかったのですが、後からじわりじわりと気になり始めました。

arabia 社の "teema" シリーズ。

何度も会いに行くうちにどんどん好きになり、カップ・お皿・クリーマーなどなど…
白を中心に次々と買い込んでしまいました。

洋食器というと、ロイヤルコペンハーゲンやウェッジウッドなどの、薄くて繊細できらびやかなラインナップを思い浮かべますが、teema はずしりと重く、形はシンプルを極めており、無地です。
でも、このシンプルさが料理を引き立ててくれるのです。丈夫で電子レンジやオーブンの使用もOK。美しいのにとても実用的。

大切に使って、子供や孫にも受け継いで欲しいと思っています。


-2003年春-

ダンナが会社を辞めたのを機に、思い切って1ヶ月ヨーロッパに行くことにしました。
私は妊娠初期だったのですが、つわりも落ち着いて安定期に入りつつあったので、これを逃してはしばらく海外には行けないと思い、決めてしまいました。

何ヶ国かの周遊で、行き先を選ぶのに私がどうしても!とリクエストしたのがフィンランド。
ぜひarabia 社のファクトリーショップに行ってみたかったのです。

arabia や marimekko のショップめぐりはもちろんのこと、可愛い aarikka に出会えたり、美術館でフィンランドデザインに触れたり、公園を散策したり、充実した5日間のヘルシンキ滞在でした。

この時にはさしてフィンランドに興味を示さなかったダンナですが、旅行後じわりじわりと北欧の良さに目覚めたようです。それから1年後、北欧のライフスタイルを日本へ紹介したいという思いから、会社を立ち上げてしまいました。


-2005年秋-

子供に少し手がかからなくなったので、一家でヘルシンキを再訪予定です。
帰国後、旅行記をアップしたいと思います。
[PR]
by mustikka | 2005-09-27 13:12 | フィンランド
自己紹介
私 mustikka は30代前半の1児のママです。

10代の頃、地図帳を眺めていてアイスランドに興味を持ったのが、北欧との出会いでした。

20歳でアイスランドへ初上陸。初めての一人旅だったこと、国を1周して荒々しい自然に触れたことが、ぬくぬくと育ってきた身には強い刺激となり、自分自身について深く考える機会を与えてくれました。

また25歳の時、インテリアショップで何気なく手に取った食器の研ぎ澄まされたデザインに感銘を受け、それが arabia 社の "teema" シリーズだったことから、北欧デザインに惹かれるようになりました。

この「北欧熱」はダンナ様にまで飛び火し、彼は北欧に関する事業を立ち上げました。北欧に関わる仕事がしたいと漠然と考えていたものの、実行できていなかった私にとっては、寝耳に水でしたが棚からぼたもち。仕事を手伝わせてもらうことにしたのです。

実際に訪れたのは、まだアイスランドとフィンランドのみ。もっともっと北欧について知りたい。関係を深めていきたい。そんな願いをこめて、情報を発信していきたいと思っています。
[PR]
by mustikka | 2005-09-25 00:33 | myself